ポストフェミニズムに関するブログ

ポストフェミニズムに関する基礎文献を紹介するブログ。時々(とくに大学の授業期間中は)ポスフェミに関する話題を書き綴ったり、高橋幸の研究ノート=備忘録になったりもします。『フェミニズムはもういらない、と彼女は言うけれど :ポストフェミニズムと「女らしさ」のゆくえ』(晃洋書房、2020)、発売中。

ポストフェミニズムとは何なのか

ポストフェミニズムとは、ネオリベラリズムの登場を背景とする新しいフェミニズムのことを指します。ポストモダンが「モダン」の続きでありつつも、モダンの新しいモードのことを指すように、そしてポストコロニアリズムコロニアリズムの続きだけど新しい形態によるコロニアリズムのことを指すように、ポストフェミニズムフェミニズムの続きだけど、新しいフェミニズムのモードのことです。

 これは、90年代以降、英語圏で使われてきた用語で、その背景については、拙著『フェミニズムはもういらない、と彼女は言うけれど:ポストフェミニズムと「女らしさ」のゆくえ』(2020、晃洋書房)で論じています。 

経済的政治的構造がネオリベラリズムによって再編されていくなかで、政府がグローバル資本の意向に従いながら官製フェミニズムを行うようになりました。

それとともに、「もう男女平等になった、もう女性差別はない」という主張をする「ポストフェミニスト」が現れるようになります。

このような時代や社会的状況のことを指し示す言葉が「ポストフェミニズム」です。

念のためにはっきりと述べておきますが、私自身はけっしてポストフェミニストではなく、アンチフェミニストでもありません。本書で、「めちゃモテ」や「ブリジット・ジョーンズの日記」などの「ポストフェミニスト」の典型例を分析していますが、私はこれらについて強烈な違和感と理解のできなさという感覚を持ち続けてきました。だからこそ、こんな10年も20年もたったいまでもなお分析しているわけです。

私は、ネオリベラリズム権力を分析できるフェミニズムが必要だと考えています。それを模索するのがポストフェミニズムです。

本書に関して、文春オンラインさんのインタビュー記事があります。

bunshun.jp

また、本書第2章の元となった論文で、ウェブ上で読めるものとして、WAN『女性学ジャーナル』内の「若い女性の「フェミニズム離れ」をどう読み解くか」論文があります。

https://wan.or.jp/journal/details/8

 

また、この論文の内容を一般向けに書かせていただいた記事として、

『現代ビジネス』内の「「フェミニズム離れ」する若い女子が抱いている違和感の正体:ハッシュタグ運動から見えること」があります。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/65223

 

続きを読む

ナオミ・ウルフ(2012=2014)と新しい唯物論フェミニズム

 
このツイートで言っていたのは、ナオミ・ウルフの『ヴァギナ』(2012=2014)ですね。
つまりね、こういうことなのですよ。
「神経枝がヴァギナに多くつながっている人、クリトリスにつながっている人、それぞれです。会陰の人もいるし、子宮頸部の人もいる。だから人によってセックスの反応が違うのです。
私はびっくりして診察台から落ちそうになった。だから膣オーガズムとクリトリスオーガズムがある? 神経のつながり方の違いのせいで?文化でも、育ちでも、家父長制でもなければ、フェミニズムでもフロイトのせいでもなく? 女性誌にも、女性の反応がさまざまなのはそれが感情から発するものだからだと書かれているではないか。あるいは「正しい」性的空想とか、社会に求められている女性のあり方とか、その人がどのように教育されたかとか、「罪の意識」があるとかないとか、どれだけ「解放」されているかとか、さもなければ恋人のテクニックとか。女性がオーガズムに達するかどうかは基本的な神経のつながり方によるだなんて、聞いたことがない」(Wolf 2012=2014:28)。
とウルフは論じて、この後、生殖器の神経分布の詳しい話に入っていくわけです。
ね、これって、neo-material feminismの一形態でしょ!精神分析でも、家父長制でも、罪の意識でも、解放度でもなく、身体の神経の配置の問題なのね、という論旨が。
言語的に構築されたものによって快楽の度合いが変わっているのではなく、端的に身体というマテリアルな問題なのだ、というふうに議論を展開していく感じが。
 
いや、「なんか違っ」「それは、ネオマテリアルフェミニズムとは微妙に違うのでは」というて声が聞こえてきそうな気がしますが、そうなんですよ(笑、強気)。
ネオマテリアルフェミニズムってのは、スタンドポイントセオリー(サンドラ・ハーディング、ナンシー・ハートソック)からのエリザベス・グロス、カレン・バラッド、ロージ・ブライドッティとかだろ、って思っているかもしれませんが、それは英語圏のものを輸入文化として学的に取り入れようとするときにそうなだけであって。
たぶん、「言語的構築」からの反転を行く「マテリアル」なものへのこだわりって、案外、例えば性的快楽をこういうふうに解釈替えして考察を深めていくというプロセスだったりして、こういう「感覚」が案外王道なのではと、私は妙に納得しました。さすがナオミ・ウォルフ、時代の波を読める人なんだよな、この人、と思い、色々腑に落ちております。まぁ、私は、たぶんこういう方向の研究はしないのですが。
(なぜなら、学的に面白いのと、王道フェミニズムとは少しズレるところがあって…学的に面白いのは、やはり先に挙げた論者たちですよね…うだうだ )。
 ・あ、女性器を女性の手に取り戻そう、愛称とかをつけようという流れは第二波からあるのですが、今回のウルフのはそれともノリが少し違う感じよね。 

アメリカの10代の性行動の消極化は1990年代から継続中:NSFGデータ分析の報告書から

1. 

ytakahashi0505.hatenablog.com

の続きです。

とりあえず、アメリカの疾病対策予防センター(center for disease control and prevention, CDC)のnational center for health statistics(NCHS)がやっているNational Survey of Family Growth(NSFG)の報告書を精査しました。これは、日本の国立社会保障・人口問題研究所がやっている「出生動向基本調査」みたいなものですね。

名前的には日本の「全国家族調査(National Family Research of Japan, NFRJ)」と近そうですが、調査設計や調査目的が異なります。NFRJはパネル調査とかもやっており、未婚者はカバーせずに高齢者をカバーする方向でやっているし、なによりNFRJは性行動の質問項目が入っていない。

それに対して、アメリカのNSFGは調査対象者を15歳から44歳の男女に設定していて、性行動関連をがっつり聞いており、未婚者/既婚者に分けて分析している。ので、日本の「出生動向基本調査」の方により近い。アメリカのNSFGの方が性行動に関する質問項目の充実具合が半端ないのですが。例えば「同性との性的経験はありますか?(行動や経験を聞く項目)」、「sexual attractionを誰に感じますか(欲望のあり方を聞く項目)」、「ゲイ/レズビアンですか?(アイデンティティを聞く項目)」の3つを分けて聞いています。性交もvaginal intercouse/anal/oralを分けて聞いています。

 

それから、NSFGのすごいのは、1回の調査のサンプル数が1万とかの規模で、これを対面インタビュー調査法をやっているということ。予算規模が違うぜアメリカ……すげー(インタビュー法に切り替わったのは2006年の調査から。インタビュイーは女性で、家庭訪問してインタビューしている)。性行動などのようにセンシティブな内容も多いのになぜ対面インタビューなんだろうと思ったのだが、分岐が多く、自分で答えてもらうとミスが多くなるからみたい。回収率は、約69%とな。

 

さらにもう少し、出典:NSFG - About the National Survey of Family Growthに基づいて、NSFGとは何かという点の細かいこともきちんと書いておくと、NSFGは、pregnancy and births, marriage and cohabitation, infertility, use of contraception, family life, and general and reproductive healthに関する情報を集めています。

1973年に調査が始まり、当初は結婚経験のある15歳から44歳の女性のアメリカ市民を対象にしていましたが、1982年調査から結婚経験に関わらない15-44歳の女性に調査対象を広げ、2002年調査から15-44歳の男性も調査対象になりました。

2006年調査から数年かけてインタビュー調査に切り替えており、調査名の表記法も変わります。2015年調査からは、年齢を15歳から49歳の男女に広げています。

  • Cycle 1 (1973): 9,797 ever-married women aged 15-44
  • Cycle 2 (1976): 8,611 ever-married women aged 15-44
  • Cycle 3 (1982): 7,969 women aged 15-44 (regardless of marital experience)
  • Cycle 4 (1988): 8,450 women aged 15-44
  • Cycle 5 (1995): 10,847 women aged 15-44
  • Cycle 6 (2002): 12,571 respondents aged 15-44 (7,643 women and 4,928 men).
  •  2006-2010 NSFG:22,682 respondents aged 15-44 years (10,403 men and 12,279 women)
  • 2011-2013 NSFG: 10,416 respondents aged 15-44 (5,601 women and 4,815 men)
  • 2013-2015 NSFG: 10,205 respondents aged 15-44 (5,699 women and 4,506 men)
  • 2015-2017 NSFG: 10,094 respondents aged 15-49 (5,554 women and 4,540 men)
  • 2017-2019 NSFG: 11,347 respondents aged 15-49 (6,141 women and 5,206 men)

ってな感じです。

2.

さて、ここでは、15歳から19歳の性行動を分析した報告書の内容をまとめます。

結論から言うと、1973年の調査開始以降、10代の性交経験率が最も高かったのは1988年で、それ以降10代の性交経験割合は男女ともに下がり続けている。とくに、男性の低下率が大きい。

まずは、1980年代から90年代のあたりを見てみましょう。

Department of Hearth and Human Services, 2002, "Sexual Activity and Contraceptive Practices Among Teenagers in the United States, 1988 and 1995",  Vital and Health Statistics, Series 23, Number 21. 

https://www.cdc.gov/nchs/data/series/sr_23/sr23_021.pdf から引用すると、

調査年時に15-19歳で、調査年時までに性交をしたことのある人の割合の推移。1988年に男性76%、女性51%をマークし、それ以降低下していきます。下図はp.9より引用。

f:id:ytakahashi0505:20210228211721p:plain

*上記の男性のデータは、別の調査National Survey of Adolescent Males
(NSAM)からとってきているとのことです。NSAMは、15-19歳の男性を調査対象にして1988年に始まり、1995年にNSFGの女性の性的行動質問項目に合わせて修正された。(男性の1979年のデータがどこから出てきたものなのかは、よくわからない…。)

全体でみると、15-19歳の性交経験のある人の割合は1988年に55.9%だったが、1995年に52.3%に減少(さっきの報告書のp.8)。人種別にみると、とくに白人10代で減少が顕著。白人男性が57%から50%へ、白人女性が50%から49%へ(ヒスパニックの女性だけは例外的に1995年時点で上がっている)。

誰が10代の性交を経験しにくいかというと、

・母の学歴が高い(母親が16年以上の教育を受けている)家庭、母が10代で子どもを産んでいない家庭、二人親家庭の子。
・10代で性交を経験しやすいのは、シングルペアレントの家庭やステップペアレントの家庭や、他のタイプの家庭の子(p.9)。

プロテスタントだったり、宗教的なサービス(おつとめ)に定期的に参加している人は、そうでない人たちよりも性交経験率が低くなっている。

・留年等をしている人(behind in school)も性交を経験しやすい。2学年以上遅れている人や卒業できずに学校を去った女性の71%が性交を経験、そうでない(on schedule)女性の経験率は47%。同じくbehind in schoolの男性の性交経験率は86%、on scheduleの男性の経験率は53%(いずれも1995年時点)。

 

●13歳以下で初交を経験する人の割合が微増しており、またより遅く経験する人の割合も増えている。15-17歳で経験よりも18-19歳で初交の人が増加。ここから、この報告書では、「性交に関する年齢規範の解体(”decomposing’’)が起こっている」と分析しています。

 

次に、2002年までの変化を見ます。

Teenagers in the United States: Sexual Activity, Contraceptive Use, and Childbearing, 2002. Series 23, Number 24. 

https://www.cdc.gov/nchs/data/series/sr_23/sr23_024.pdf

によると、性交経験率は、以下の通り。2002年で、男女の経験率が反転し、女性の性交経験率の方が高くなったことが分かります。

pdf icon

f:id:ytakahashi0505:20210228224140p:plain

10代はyounger teen(15-17歳)と、older teen(18-19歳)に分けて分析されているのですが、男性の15-17歳で12%低下、18-19歳で11%低下。人種別にみると、男性においては、ブラック>ヒスパニック>白人の順で、低下率が大きい(もともと、黒人の方が経験率は高かったが。)

*CDCの the Youth Risk Behavior Survey (YRBS)のデータでも1991年から2003年にかけて、学生の性交経験者割合が劇的に減っていることが確認できるとのこと。(引用されていた報告書は  Centers for Disease Control and Prevention. Youth Risk Behavior Surveillance—United States, 2003. Surveillance Summaries, May 21, 2004. MMWR 52(SS-2). 2004.  PDF版はこれ https://www.cdc.gov/mmwr/PDF/ss/ss5302.pdf )見に行ったけど、経年比較はしてくれていないので、毎年のデータを集めて自分で経年変化を核にするしかなさそう。

 

10代の性行動の消極化の話を続けます。ところで、英語で消極化negativizationとかいうような言い方はせず、もっぱらactive/inactive(活発/不活発)と言われているようです。ただ、active/inactiveと言うときには、だいたい一定の期間内に一定の頻度で誰かと性交しているか否かを指すことが多い(この報告書ではその用法が一番多い)。

そもそも、日本のように性交意欲が減退する、性交関心が低くなるというようなことが想定されてもおらず、測定もされていないので、activeがこういう意味になるのだと思われます。

で、その性交頻度(activeか否か)ですが、例えば10代の性交頻度はこういう感じになっている。

15-17歳でこれまでに性交をしたことがある人は30%、過去12か月に性交した人は26%、過去3か月にした人は22%、過去に1度だけした人は4%。

f:id:ytakahashi0505:20210228231420p:plain

それから、15-19歳の人のうち、過去1か月における性交回数も聞いており、無しが多いのだが、4回以上(週1回以上)という人の割合は女性の方が多くなっていて、一定割合いる(それにしても細かい質問項目だね)。

f:id:ytakahashi0505:20210228232404p:plain

このデータだけでは、性交頻度経年でどう変化しているのかはわからないので、他の年度のと突き合わせてみていく必要があります……すいません、今度やります。

 

もう少し、この2002年調査の結果を見ていくと、下図のように、セクシャルパートナーの数に関しては、男女差はほとんどないのだが、

f:id:ytakahashi0505:20210228234342p:plain

 

18歳から24歳(急に分析対象の年齢が変わった)の男女において、最初の性交時にどれくらい「したかった」ですか?という質問に対しては、「したくなかった(けどした)」と答える割合は女性が多く、「したかった」と答える人は男性が多いという非対称性があることがわかります。性的欲望を自らのものとして持てるか否かをめぐる10代の男女間での非対称性があることが分かる。

f:id:ytakahashi0505:20210228234430p:plain

 

以上のように見てくると、「性的不活発化」といった時に、それを測定する指標はいくつかあって、NSFGでは、

性交経験率:一定の年齢時に性交経験があるか否か

初交年齢:初交年齢が下がっているのか上がっているのか

性交頻度(安定性):一定の頻度で安定的に成功しているのか否か

性的パートナーの数:一定の期間における性的パートナーの数

の4つが計測されています。

なかでも、NSFGの報告書の分析では、とりあえず、初交経験率の推移を経年で見ることが重要だと考えているようで、このあとの報告書でも、①初校経験率の経年推移は示されています。

とりあえず、2015年までの性交経験率の経年推移を見ておきます。15-19歳の性交経験がある人の割合の推移。2015-17年調査では、男性は38%までに減少。

Sexual Activity and Contraceptive Use Among Teenagers Aged 15–19 in the United States, 2015–2017 ( https://www.cdc.gov/nchs/products/databriefs/db366.htm )より引用。

f:id:ytakahashi0505:20210228233550p:plain

ここでは、低下要因などについてはここではとくに分析されておらず、10代の出産が1991年をピークに下がってきたからよかったねみたいな話だけで終わっています。

なので、もう少し他の分析も見て、性解放後に起こっている性交経験率の低下(=性行動の消極化?)と見える現象は一体何なのか、何が起こっていると解釈すればいいのかについて考察する必要がありそうです。

「愛の中への性の囲い込み」というコンフルエントラブが起こっているというギデンズ的解釈で本当にいいのか、もしそうだとすればなぜそんなことがどういうメカニズムで起こっているのかということを、もう少し解明していく必要があるのではないかと思っています。

批評界隈の「圧をかける」というあり方について:マッチョさとどう折り合いをつけるか

1.
新情報を提供するタイプの文章ではなく、ある程度知られていることに関して「論じる」ようなタイプの文章を世に出すときって、「書き手である私はこのことについてはよく知ってますから、これだけ見てますから、ここまで考えて書いてますから」というのを文章の端々にちらちら出しつつ「圧」をかけるというテクニックが必要です。
これは、書き手である「私」への信頼感を読者に持ってもらうため、もしくは「この文章は読む価値がある」と思ってもらうために、ある程度はやる必要があります。ですが、これやりすぎると批評界隈のいかにもマッチョな感じの文章になり、それに対して「ここぞ」というところでのみ小出しにこれをすると、上品な学者が書いた感じの文章になります(さらにいえば学者の「上品さ」にも種類があって、上品さを装った闘争意識がひしひしと感じられるものとか、ケンカの売り方が美しいものとか、色々あるにはあるのだが)。
・ちなみに社会学は学者の中でもそんなに上品な部類ではないということは、あとで述べる。
 
しかし、私は「そもそも、そういう圧とかかけるのヤダー」というスタンスで、今回のセカイ系論を書いています。というのも、ある作品の良さを論じるときに、「圧をかけていかないと潰されるから、こちらから圧をかけていかないと」という意識を持ちつつ議論をするのって、本当に楽しいの?って思っているから。
つまり、一言で言えば、批評界隈って必要のないところまで過度にマッチョな空間になっているよね、っていう話。
 
2.
批評界隈というのは、もともとマッチョな空間ですが、近年はさらにある種のマッチョさが強まっているのではないかという感じがしています。
 
たしかに、かつての文芸批評時代のように、文学的テクストを社会的倫理的観点から外在的に批判したり読解したりするような批評文が、圧かけまくりの文章になるのはしょうがないし、そこに「批評」の「社会的価値」が見出されてきたことはわかります。日本は未熟だ、近代市民社会が成熟していない、もっとお前らしっかりしろ的な議論が、社会において必要とされてきた。社会意識をあげていくために、そして日々と人々の自己啓発的な刺激のためにも(ジェンダーセクシュアリティ研究者に対する社会的な要求というのもこういう要素があるようにも思います)。*1
 
だが、その時代においてだって、一流とされてきた文芸評論家(例えば、私が敬愛するのは小林秀雄柄谷行人吉本隆明のライン)の文章をよめば、他の論者や一般人に対して圧をかけてマウンティングをするという営為とは一線を画して、ひたすらに自分の思想を発展させるという営為が(まぁ、連載型の長文とかの論考には、なんだけど)見られるわけよ。
・なぜ連載エッセイとかの長文ではそれができるのかというと、ある程度、その人の一貫性を読者の側で想定してくれることが分かっているので、毎回の文章で、各種方面に圧をかけることを、ぬかりなくやらなくてもいいから。「この人は、かつてこういう論考も描いていたから、ここについては分かっていながらここではあえて無視して書いているな」とかそういうことを、読者の側で理解して読んでね、ということを要求できる。それに対して、単発エッセイとかだと、どこまでアンテナ張ってるかみたいなことをちゃんと書き、それらの中で、自分の説が一番優れているということを説得することにエネルギーを割くことが、「完成度」を高めることを意味するものになる(こう考えるとそれはそれで合理的な意味あることだと思う)。
 
商業出版誌上で形成されてきた、売れるか売れないかという市場原理のなかで作られてきた批評というのは基本こういう構造のもとに成り立っており、それは現在でも大枠としては変わらない。さらに、2010年代中盤くらいからは、ツイッターでのオタク=ファンコミュニティ内でのマウンティング取り合いが、批評文化へとよりシームレスにつながってきたことで、「圧をかけなければ、こっちがやられる」感が、批評界隈でさらに強まっている感じがします。
2ちゃん文化とシームレスにつながってきたジャンルの人たちは、2000年代からすでに、罵倒が飛び交うハードな圧かけ芸のなかでやってきているのだけれど(北田さん、鈴木さんあたり)、その範囲が広範になってきたなーというかんじですかね。まさか百合文学のあたりまでこの圏域に巻き込まれるとは。男性ファン多めのSF界が百合に手を伸ばしてきたのでそうなっているのだけれど。
 
ユリイカ』をはじめとする紙媒体の批評文を読んでいても、委縮した文章が並んでいることがあって、ツイッター界隈でのちいさなマウンティングのとりあいや個人中傷によって、この書き手さん疲弊している感じがするなーと思ったりしていました。(例えば『ユリイカ 女オタクの現在』(2020年9月)とか)
 
文化作品の批評をする人には、自分の思想をまっすぐに実直に構築するところにエネルギーを割いてもらって、その人が思想的に行けるところまで行ってほしい。その人しかたどり着けない思想的境地や読解を見せてもらえるのが、批評の価値だし、醍醐味だと私は思う。
・この観点から言えば、数秒間で反射的に出てくるような規模の小さい他者の批判を気にかける必要はあまりないと思う。
・というか、そういう批判ってある程度のある範囲のところに収束するので、必要があれば、必要な時にはそれを乗り越える解釈をポンっとこっちが提示すればいいわけよ(これを、マウンティングという笑)。だから、いちいち反応する必要はない。
・理想としては、どういう批判があるのか(ありうるのか)を把握した上で、真剣に考えるべき批判と気にしなくていい批判(言及するに値しないもの)とを自分の中で分けてコントロールして、いい文章を書くことだが、心理的時間的コストがかかるわけでそこはもう報酬その他の状況とのバランス問題になってきますよね……
 
そういうわけで、私は、他者にケンカを売らずマウントもとらずに、なるべく他者の解釈のいいところを掬い取った(=圧を弱くした)、あったかくてやわらかい文章でありながら、自分の立てた問いに対してきっちり答えを出していて、その答えが作品分析を通して論証されているという意味で完成度の高い文章というのが、もっと批評界隈にあってもいいと思っていました。で、今回はそれを目指しています。
 
が、今、色々な人(オタ文化を知っている人も知らない人も含めて)に草稿を読んでもらってコメントをもらっているのだが、オタ文化を知っている側の人は、私の今回の文章においては、上記の意味での「圧」が弱いところを心配してくれているかんじのように思われます。もしかしたら、すごくナイーブな議論をしているように見えているのかもしれません。
というわけで、少し「圧」をかける形で、手を入れようかな、と思っている。 
 
うーん、ただこのバランスは難しいところよね。圧をかけすぎたらかけすぎたで、たぶん自分が一番いやになっちゃうんだろうなぁ。
 
3.
結局何が言いたいかというと、
自分が本当に良いと思ったことや自分が信じたことを書きたいと思って、文章を書き始めたはずなのに、他者の議論に勝つことが目的になっていって、それはある程度自分の文章や思想を洗練させることにもなるのだが、それにのっとられると、ある地点まで行ったときに、「こんなことをしたくて、ものを考え、文章をかいてきたんだっけ」という虚無感に襲われる、ということ。
 
新しい情報をどんどん出していくタイプの批評文や記事や社会学だとこの問題に直面しないが、思想として整理をかけていくようなタイプの批評文や社会学だと、この問題に直面しがち。その時には「他者に勝とう」という意識や「他者からの批判を怖がる」思考を、途中でストップさせ、内在的な完成度をあげる方にエネルギーを振り分ける必要がある。ただたんに思考をストップさせるのではなく、「論文内在的な完成度をあげる」のが重要ね!
これは、ぜんぜん論文を世に出せなかった10年間(2008年~2018年)を経て、私がここ数年間で体得した、論文を書き上げる時のコツであったりもします。
 
 
(ということを考えながら、いま猛烈に博論を頑張っているところ。圧強めの「はじめに」を書いている。)

*1:遠藤知巳は『思想地図』の論文で、私が上記で「かつての文芸批評」と読んだところのものを指して、文芸批評というのは作品をだしにした日本社会論をやってきた。それは文芸作品の内在的分析ではないから文学から見て中途半端だし、社会を経験的に分析しているわけではないからアカデミックな社会学から見ても中途半端だ、という旨のことを述べている。的確なまとめだ。当時、私はそれを読んで、「だから文芸批評は価値がないっていう意味なのかな」ってなんとなく思ったけど、今は「それでも文芸批評は価値がある、そういう形での社会論は必要だ」って思っている。